農業で経済的に成功するにはどうすればいいのか


農家は普通に働くよりも儲からないようなイメージがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはサラリーマンよりもずっと高い年収を毎年だしている農家も少なくありません。
その人たちは普通の農家とは何が違うのでしょうか。
今回は農業で経済的に成功する方法について紹介します。

農業は儲かるのか

どうしてもイメージしにくく感じてしまいますが、農業は普通に会社に勤めるよりも儲かるのでしょうか。
はじめた全員が大儲けをできるというわけではありませんが、近年になって農業のサクセス・ストーリーは非常に多くなりました。
また、農業だけに専念している「専業農家」よりも、農業以外にも別の収入源がある「兼業農家」が多くなったため、普通のサラリーマンよりも農家の方が儲かるといえます。
兼業農家の典型的なかたちとしては平日は会社に勤め、土日などの休日に農業をするといった働く方で、このタイプだと会社の給料+農作物の収入となり、育てる作物によってはかなりの収入になります。

「アグリビジネス」という言葉があるように農業は立派なビジネスであり、ポイントを抑えれば農業で経済的な成功も夢ではありません。

就農前に研修を受ける

農業をはじめることを「就農」といいますが、いきなり自分の力だけで農業をはじめるのではなく、まずは「雇用就農」「農業研修」をして技術やノウハウを覚えましょう。
「雇用就農」は農業法人に雇われて農業に携わることで、農業に必要となる技術や知識をしっかり学び、独立したときに役立てることができます。

また、雇用就農に近い「農業研修」は、研修生として実際の農家の人のもとで農業を手伝います。
農業研修の場合は技術や知識はもちろん、実際に自分が農業と相性がいいのかということや、コネクションが築けるなどの利点もあります。
国がサポートをしている農業研修も多いので、いきなり独立して就農するのではなく、雇用就農か農業研修のどちらかで知識や技術を学ぶことをオススメします。

豪農のマネはしない

農業研修に行くといわゆる「豪農」とよばれる農家の人のところに行くこともあります。
こういったケースの場合は特に注意しなければいけません。
完全な専業農家の場合は学んでおくべき技術をや知識がたくさんありますが、中には土地をたくさん持っていて不労所得が多い人や、兼業農家で農業ではない方の仕事で大成功をしている人ということもあります。

そういった人たちからも学ぶべき技術はありますが、農業でしっかりと生計を立てている人や農業で成功した人とは比べものになりません。
研修のときはそういった点にも注意をするとよいでしょう。

経営の手腕を磨く

農業で経済的な成功をしようと思ったら経営の手腕を磨くことは避けて通れません。
農業は個人経営で、何から何まですべてを自分の力でやらなければいけません。
農作物の収益がでたときに好きなことに使うのではなく、農耕具の買い替えや整備、畑に使う肥料を良いものに変えるなど、生産性の向上やより高い収益を得る方法などを自力で考えなければいけません。

また、育てる作物も需要の高いものを選ぶために市場を調査をしたり、農作物を育てはじめてから収益がでるまでの計画を明確にしたりと、農業での成功を目指すには会社を自分で運営するような気持ちをもっていなければいけません。
農業は立派なビジネスであり、経済的な成功を目指すなら相応の努力が求められます。

おわりに

今回は農業で経済的に成功する方法について紹介しました。
新しく就農する人は脱サラして農業での成功を目指す人が多いといわれています。
そのためにも知識や技術、経営手腕などの必須になることはしっかり抑えておきましょう。

Post Author: 編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です